9月にLINE会社の方をお迎えして、LINE勉強会が行われました。

最近、子どもたちの中でも使われているLINE。今使っている子もいますが、これから使う可能性がある子もいると思います。全員にLINEを安全に使ってほしいと思い、今回の勉強会を開きました。

LINEの便利さと危険なところを教えてもらいます

LINEの便利なところ、危険なところをみんなで考えました。

言葉だけで伝えるLINE。相手の表情が見えないからこそ、どんな言葉を選んで送るといいのでしょうか。

何も考えずに確認せずに送ってしまうと相手を傷つけてしまうことになりかねません!!

グループで交流

そのような話を聞いてから、カードを使って、コミュニケーションをとる時に、どんな言葉を使うと相手が嫌な思いをしないか考え、交流しました。

 

最後のふりかえりでは、「相手を思いやる心をもってLINEをしよう」や「この言葉で相手を傷つけていないかなと考えてから送るようにしよう」など、真剣に考え意見を発表していました。

ご家庭でもLINEとの付き合い方をお話してみてください。