平和学習 1学期からの取組み

1学期の終わりに、平和の大切さを考える学習として「火垂るの墓」のDVDを観て感想文を書く取り組みを全校で行いました。低学年の人は少し時間が長く、難しいところもあったので説明を付け加えてもらいながら観ました。感想文の中には「せんそうで人が死んでいくのが、かなしいしつらいとおもいました」「一人一人が何かをしていくことが大切だと思いました。」「戦争のような悲しい出来事が起きない国を作って平和な国にしたいと思いました。」など、みんな一人ひとりたくさんのことを感じ感想文に書いています。児童下足室のところに各学年の作品を何点かずつ掲示していますので、ご来校の際にご覧ください。

  

防災週間の取り組み 9月5日(木)

〈大阪880万人訓練〉

11時に大阪で大きな地震が起き、大津波の警報が発表されるという訓練が大阪全体で取り組まれました。学校では3時間目の途中に、校内放送で地震発生の緊急放送が流れました。教室内で机の下にもぐり、次の放送を静かに待ちました。各先生方の緊急のメールの音もあちらこちらから聞こえてきます。みんな真剣にその後の各教室でいざという時に自分の身をどう守るかのお話を聞いていました。

  

〈防災給食〉

防災給食は、防災教育の一環として、電気・ガス・水道などのライフラインが使用できない状況を想定した懇談を体験することを通して、災害時の食事や生活について考えるためのものです。また、食事ができることに感謝の気持ちを持って残さず食べようとお話している教室もありました。「温めずにおいしい野菜カレー」というレトルトのカレーと小魚のパックをいただきました。「少し辛いなあ」と言っている人もいましたが、「温めずにこんだけおいしいんやなぁ」とパクパク食べている人もました。

  

学校朝礼 9月3日(火)

学校朝礼がありました。管理棟の工事が終わり、体育館への通路も通れるようになったので久しぶりに全校児童が集まることができました。まだ気温も高く、体育館は少し暑かったのですがみんなしっかりお話を聞くことができました。校長先生のお話、9月2日から来てくれている教育実習生の紹介がありました。校長先生からは、「防災週間」のお話と「みんなで掃除を頑張って学校をよりきれいにしましょう」というお話がありました。司会の先生から5,6年生が荷物の移動を頑張ってくれたので、そのことの紹介もありみんなで感謝の気持ちを込めて拍手をしました。

  

教育実習の先生が来てくれました! 9月2日(月)

今日から教育実習の大学生が5名、第七小学校に来てくれています。職員室であいさつをし、早速担当の先生の各教室に行って挨拶をし、そのクラスの活動に参加してもらいました。およそ1か月間、一緒に勉強したり運動したり様々な活動をしてもらいます。少し緊張していた様子の先生もいましたが、すぐにクラスの人たちと打ち解けて休憩時間に遊んでくれていました。

  

  

夏休み作品展が始まりました 8月29日(木)

今日から9月2日(月)の午前中まで作品展が開かれています。夏休み中に、工夫して作った作品や自由研究などが展示されています。習字の作品では「令和」と書きしたためたものもあったり、すぐにお家で使えそうなすてきな飾りや、アイデアいっぱいの貯金箱など、力作ぞろいです。保護者の方も是非ご覧ください。体育館側の外階段がまだ工事中で使用できませんので、児童下足室からお入りください。

  

  

2学期が始まりました! 8月28日(水)

あいにくの天気でしたが、朝から第七小学校のみんなは元気に登校してくれました。夏休み中に作った作品やお道具箱をがんばって持って来ている人も大勢いました。「こんなの作ったよ!」「キャンプに行ってきました!」「熱出ててん~」など、たくさんの報告を聞かせてもらいました。

<始業式>

体育館への通路が、まだ荷物がいっぱいで通れません。終業式と同じように放送で行われました。校歌を歌い、校長先生のお話と生徒指導の先生のお話を聞きました。校長先生からは、いろんなことにしっぱおを恐れずチャレンジすることを応援する詩の紹介もしてもらいました。生徒指導の先生からは「ありがとう」があふれる2学期にしてほしいというお話で、夏休み中に学童のみんながお手伝いをしてくれて大変助かった出来事について報告してくれました。

  

校歌を元気に歌ってます!     放送でのお話を聞いています    まだまだ荷物いっぱいの放送室です 

<作品展準備>

さっそく明日(29日)から開かれる夏休み作品展の準備に取りかかっています。きれい明るくなった多目的室で行われます。外階段がまだ使えないので、児童の下足室から入っていただくことになると思います。9月2日(月)の午前中まで開催していますので、ぜひご覧ください。