水泳の授業が始まりました! 6月18日(月)

待ちに待った水泳の授業が始まりました。午後からは気温も上がり、震えあがるほど寒いということはなく、色々な活動ができました。水の中をしっかり歩いたり、走ったり、けのびや、ビート版を使ってバタ足の復習もしました。5年生はクロールと平泳ぎの学習をします。この夏でしっかり泳力をつけてもらいたいものです。

    

田植え体験 6月15日(金)

市役所、農協、地域の方々のご協力を得て、田植えの体験をさせていただきました。丁寧な説明を聞いた後、実際に一人ひとりが苗を植える体験をすることができました。初めて水を張った田んぼに入る経験をした人は、思ったより深く沈んだので、慣れるまで時間がかかりました。今年の5年生はとっても植えるのが上手だと褒めていただきました。機械で植える様子も見せていただき、現在はとても効率よく田植えをしているということも知ることができました。

    

 西除川のヒメボタル 出前授業 5月24日(木)

ヒメボタルを守る会の会長の竹田さんが、ヒメボタルについてのお話をしてくださいました。ホタルの種類や、それぞれの種類の特徴など竹田さんが実際に撮影された写真などを見せていただきながら、説明を聞かせていただきました。ヒメボタルはとても貴重な種類のホタルです。そのホタルの生息地が大阪狭山市の、この第七小学校の校区にあることがとても誇りに感じられました。保存活動を熱心にしていただいているおかげで、毎年きれいに光る姿が見られます。今週末がピークになるのではないかということも教えていただきました。ぜひ見に行ってみたいですね。行かれる際は必ず、おうちの方と行くようにしてください。

    

春の遠足 5月2日(水)

心配な天気の中でしたが、ちょうど出発する頃には雨も止み、無事グループごとに学校を出発することができました。中百舌鳥までは、グループで協力して行き、そこからは全員で目的地である「大阪科学技術館」を目指しました。液体窒素を使った実験を見せていただき、皆は驚きの連続でした。グループで、ワークシートを活用しながら館内の様々なブースを見たり、体験したりして科学技術がどうのように役立っているかを学びました。