流しそうめんをしました! 7月13日(金)

参加可能なおうちの方も来ていただいて、プールで流しそうめんをしました。とても暑い中でしたが、汗を流しながら、おいしいそうめんをいただきました。流れてくるのはそうめんだけでなく、キュウリやミニトマトも流れてきて、必死にお箸でつかもうとしている人もいました。お手伝いいただいたおうちの方、ありがとうございました。ご都合がつかず、残念ながら参加できなかったおうちの方も、楽しかったお話を聞いてくださいね。

    

吉村先生をお迎えしました! 7月2日(月)

河本先生の代替として、吉村ゆかり先生をお迎えしました。たんぽぽのみんなは、すぐにお話をしに行ったり、さっそく勉強したりとすぐに仲良くなってくださいました。これからよろしくお願いします。

  

7月の掲示

みんなの願いのこもった、素敵な短冊が飾られています。織りぞめの緑が、笹をイメージしています。「1年間元気にすごせますように」「一りんしゃにのれるようになりたい」「べんきょうをがんばる」等の願い事が書かれています。

河本先生、元気な赤ちゃんを産んでね! 6月28日(木)

明日から河本先生が、赤ちゃんを産むためにお休みに入ります。お昼休みに、たんぽぽのみんながサプライズのお花とメッセージのプレゼントを渡しました。河本先生はみんなに、うれしい涙を流しながらお話をしてくれました。みんな河本先生に、「元気な赤ちゃんを産んでください。」「また、来てください。」とそれぞれの思いを伝えていました。

    

七夕の短冊

7月の掲示に使う七夕の短冊を作っています。まず笹の色をイメージした、織りぞめで短冊を作ります。星の飾りと願い事を書いた紙を貼って、すてきな短冊の出来上がりです。たんぽぽの7月の掲示を楽しみにしていてください。

    

おなかの赤ちゃん 6月6日(水)

2時間目のたんぽぽのみんなが集まってくる時間に(今日は授業の関係で教室の授業に行っている人もいました)、河本先生のおなかの中にいる赤ちゃんのお話を聞きました。めったに見ることのできない、おなかの中の様子をテレビで見せてもらいました。元気に動いている赤ちゃんを見て、とてもびっくりしていました。「目がある!」「こんな格好してるなあ」とポーズをとったりしている子もいました。元気な赤ちゃんが生まれてくるのがとっても楽しみです。

    

掲示物作品づくり

たんぽぽ学級の掲示物がこいのぼりから、すてきな傘に変わりました。今からは、雨が多くなる季節ですが、このすてきなたんぽぽの傘を見ると、気持ちは晴れ晴れします。みんなで考えたタイトルは「あめにまけるな たんぽぽがさ」です。

    

たんぽぽの畑

大切に育てている、畑の草抜きをしました。雨の後は草抜きがとってもやりやすく、みんなたくさん抜いていました。今、畑にはじゃがいもの苗がすくすくと育っています。花をつけている苗もあります。「じゃがいもでどんな料理が出来るかな?」と聞くと、「ぽてと!」「サラダ!」などたくさんの答えが出てきました。

    

理科の実験をしています!

今年度たんぽぽ学級では、坪郷先生が理科の実験をみんなに時々見せてくれたり、体験させてくれたりしています。今日(5月9日)は磁石につく物、つかない物の実験を見せてもらいました。砂鉄がたくさんついている様子など、みんなはとっても興味津々に見たり、触ったりしていました。

    

作品づくり

4月25日(水)2時間目にたんぽぽのみんなが集まり、掲示板に貼るこいのぼりを作成しました。一人ひとりが染めた和紙を使って、表情豊かなこいのぼりを作成し、掲示板に貼って完成です。元気に泳いでいますので、参観の際にぜひご覧ください。

    

 

さやまっこ遠足 4月19日(木)

少し動くと汗が出てくるくらいの良いお天気の中、大阪狭山市小中学校の支援学級のみんなが錦織公園に集まりました。保護者の方の参加もいただき、すべり台を滑ったり、鬼ごっこをしたり、お弁当を食べたりと子ども達は笑顔でいっぱいでした。行き帰りが、少し遠くてへとへとになっていましたが、楽しい一日となりました。